JAPAN SMART DRIVER

小山 薫堂 (放送作家・脚本家/JAPAN SMART DRIVER発起人)

交通は都市のお化粧のようなもの

海外の人が日本に来て運転を目にしたとき、そのマナーがとても良ければ日本は何て素敵な国だろうと感じるはず。“交通は都市のお化粧のようなもの”と捉える小山氏。2007年プロジェクト発足から約10年を経て「今は、運転する人はもちろん、運転しない人も交通のことを考える。それによってより社会の交通インフラが改善される。そんな時代だと思う」と語る。これからは交通が新たな価値を生み出していくはず。都市空間での移動と生活がより魅力的になることで、人々は都市に対して誇りを持っていき、その想いはグローバルに伝わっていくはず。そんな空気感を「交通価値=ミチノミクス」と呼び、JAPAN SMART DRIVERとして新たな旗を振り、活動していく。

この記事をシェアする

戻る